入稿データの作成方法 [ サービスガイド ] 大判出力工房
“サービス一覧
ポスター製作
パネル製作
バナー製作
シート製作
  • ご注文の流れ
  • 入稿データの作成方法
  • データの入稿方法
  • お支払い・納品・送料
  • よくあるご質問
  • デザイン製作も承ります!
HOME > 入稿データの作成方法

入稿データの作成方法

お客様で入稿データを作成される場合の注意事項になります。
ご入稿前に内容をご確認くださいますよう、お願いいたします。

対応アプリケーションについて
  • アドビ イラストレーター ( Adobe Illustrator ) ver.8 ~ CC まで
  • アドビ フォトショップ ( Adobe Photoshop ) ver.5.0 ~ CC まで
データ入稿される場合、必ず出力サンプルを同封してください。

データ入稿される場合は、必ず出力見本としてサンプルを同封してください。
サンプルは印刷出力 ( PDF )、もしくは、jpegファイルでお願いします。

なお、ここでのサンプルは大まかなレイアウトの確認に使用します。
細かな崩れや色の保証をするものではありませんので、ご了承ください。

当社出力物との色の違いについて

お客様がモニタ画面で確認されたもの、あるいは、印刷出力されたものと、
当社にて出力したものとでは、多少、色の違いが発生する場合があります。
予めご了承ください。

※ PDFファイルでのご入稿も承っております。
その他ファイル形式でのご入稿も気軽にお問い合わせください。

Adobe Illustrator の場合

カラーモードについて

入稿データのカラーモードは CMYK で作成してください。

カラーモードは、メニューの

ファイル 」→「 ドキュメント ( 書類 ) のカラーモード

で、「 CMYKカラー 」にチェックが入っているかどうかで確認できます。

フォントについて

当社でファイルを開いた際に、
フォントが置き換わり、レイアウトが崩れる可能性がありますので、
フォントをお使いの場合は、全て アウトライン化 を行ってください。

フォントのアウトライン化

配置画像について

画像は埋め込みではなく、原寸サイズをリンクで配置し、
Illustrator 上での拡大や縮小、トリミングなどはしないようにしてください。

配置する画像の解像度は、
出力サイズが A1 サイズまでの場合、200dpi ~ 300dpi 程度、
A1 よりも大きくなる場合は、120dpi ~ 200dpi 程度を推奨いたします。

配置した画像ファイルは、
入稿する Illustrator ファイルと同じ階層のフォルダに入れてご入稿ください。

  • ※ 解像度が低すぎると画像が粗く出力され、解像度が高すぎると出力できない場合があります。
    B0 サイズ等の大判出力の場合は、あまり解像度を上げないようお願いいたします。
  • ※ 解像度を求める計算式は、
    出力するサイズ ( mm ) × 解像度 ( dpi ) / 25.4 = 作成するサイズ ( px 端数切捨て) です。
    例えばA1サイズで解像度を200dpiとする場合、作成するサイズは 6622px × 4677px となります。

トリムマークについて

入稿データには「 トリムマーク ( トンボ ) 」を付けてください。

トリムマーク ( トンボ ) はメニューの
フィルタ 」→「 クリエイト 」→「 トリムマーク 」で作成してください。

  • ※ トリムマーク ( トンボ ) の外側に不要なオブジェクトを残さないようにしてください。
  • ※ 仕上がりサイズの端まで画像や塗りがある場合は、仕上がりに余白が出るのを防ぐため、
    仕上がりサイズより 3mm ほど大きなサイズでデータを作成してください。

線の太さについて

線の太さは 0.25pt 以上の太さでデータ作成するようにしてください。
線が細すぎると、かすれたり、きれいに出力されなかったりする場合があります。

グラデーションについて

広範囲のグラデーションは、印刷出力時にトーンジャンプを起こすことがあります。

トーンジャンプ

これを防止するために、広範囲のグラデーションにはノイズ等を加えるなどの処理
( 効果 → テクスチャ → 粒状 [ 密度2~5、コントラスト50、粒子の種類:ソフト ] など )
をお勧めいたします。

ファイルの保存形式について

入稿データは ver.8 ~ CC の ai形式 で保存してください。

ファイル名は Illustrator ファイル、配置画像ファイル、
共に 半角英数字 で名称をつけるようにしてください。

全角文字や「 ・ 」などを使用しますと、ファイルが正しく開けなかったり、
配置画像の読み込み時にエラーが発生する場合があります。

このページのTOPへ

Adobe Photoshop の場合

カラーモードについて

入稿データのカラーモードは CMYK8bit で作成してください。

カラーモードは、メニューの「 イメージ 」→「 モード 」で、
CMYKカラー 」にチェックが入っているかどうかで確認できます。

画像解像度について

作成するファイルの解像度は、
出力サイズが A1 サイズまでの場合、200dpi ~ 300dpi 程度、
A1 よりも大きくなる場合は、120dpi ~ 200dpi 程度を推奨いたします。

  • ※ 解像度が低すぎると画像が粗く出力され、解像度が高すぎると出力できない場合があります。
    B0 サイズ等の大判出力の場合は、あまり解像度を上げないようお願いいたします。
  • ※ 解像度を求める計算式は、
    出力するサイズ ( mm ) × 解像度 ( dpi ) / 25.4 = 作成するサイズ ( px 端数切捨て) です。
    例えばA1サイズで解像度を200dpiとする場合、作成するサイズは 6622px × 4677px となります。

グラデーションについて

広範囲のグラデーションは、印刷出力時にトーンジャンプを起こすことがあります。

トーンジャンプ

これを防止するために、広範囲のグラデーションにはノイズ等を加えるなどの処理
( フィルタ → ノイズ → ノイズを加える [ 2%~4%、均等に分布 ] など )
をお勧めいたします。

ファイルの保存形式について

入稿データは CCで開ける EPS形式 で保存してください。
EPS形式の保存時には、エンコーディングを「 バイナリ 」にしてください。

ファイルサイズは大きくなりますが、
グラデーションや薄い色淡い色がきれいに出力できます。

ファイル名には 半角英数字 で名称をつけるようにしてください。

全角文字や「 ・ 」などを使用しますと、ファイルが正しく開けなかったり、
配置画像の読み込み時にエラーが発生する場合があります。

お見積もり・ご注文はこちら

このページのTOPへ

[ 戻る ]